妄想とデザインが好きな理学療法士の個人ブログメディア

リハ職向け!レビー小体型認知症を徹底解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
カキログの運営者の柿沼です。web関連、倫理、哲学、健康が好きな理学療法士です。工場での労働者⇨震災⇨NPO立ち上げ⇨理学療法士⇨セミナー事業⇨体操教室を運営。⇨学び続けることが好きでブログを2019/4/〜始めました。継続発信出来るように邁進中。

こんにちは!

カキログを運営している理学療法士の柿沼です。

前回のアルツハイマー型認知症の記事に引き続き、認知症率が2番目に多いレビー小体型認知症について、医療従事者や介護、リハビリ分野、はたまた認知症になった家族がいる方へ向けて書いていきます。

認知症の症状に悩まされている人の『なんで?』『どうして?』の疑問に答えます。

レビー小体型認知症になるとどうなるの?

基本的に症状は大きく分けて以下の2つに分類されます。

  • 中核症状ー脳の器質的な障害によって現れる症状※記憶障害など
  • 周辺症状ー行動症状や心理症状など中核症状に付随して起こる二次的な症状。※うつ、徘徊などがある。

中核症状よりも周辺症状の方が感情(易怒性・うつ等)の浮き沈みがあるので介助者にとっても強いストレス源となることが多いです。

これらの症状は各タイプごとに症状が違います。

  • レビー小体型認知症

中核症状⇨幻視、記憶障害(視覚失認)、パーキンソニズム

行動症状⇨無為、無反応

心理症状⇨幻想幻覚、妄想、うつ

幻覚は特徴的な症状で脳の視覚野の障害により存在しない人や動物が見える。幽霊が見えてるの?っとか家族は勘違いしたりすることが多いです。

記憶障害は比較的保たれ、アルツハイマー型よりは軽いが、視覚失認という空間を認識出来なくなり、人物の認識も低下し、人と目を合わせないことが多くなります。

レビー小体とは?

レビー小体とはドイツ人医師のレビーという人がパーキンソン病の患者の脳内に発見した異常構造物です。

レビー小体型認知症は1996年に発表されたばかりのまだ新しい診断名で、昔はアルツハイマー型認知症だと言われていたものが最近ではレビー小体型認知症だったという報告が増えていて、認知症の病態の中でもアルツハイマー型に次いで多くなっています。

認知症の4タイプ

多い順から

  • アルツハイマー認知症-ATD
  • レビー小体型認知症-DLB
  • 前頭側頭葉変性症-FTLD
  • 脳血管性認知症-VaD

この四つに大別されます。

アルツハイマー型認知症の病態

生理学的な解釈を理解していきます。

特徴的な解剖学的・生理学的な変化は以下の2つ

  • 脳幹、大脳皮質にレビー小体という異常構造物が出現
  • αシヌクレインという物質が出現

解説していきます。

  • 脳幹、大脳皮質にレビー小体という異常構造物が出現

似ている病態としてパーキンソン病があります。パーキンソン病はレビー小体が脳幹(中脳・橋・延髄)に出現します。一方、レビー小体型認知症では脳幹だけでなく大脳皮質全体に出現します。

大脳は運動の司令部であり、レビー小体が出現すると体の動きが鈍くなる固縮や嗅覚障害、幻視などが現れます。

また、脳内の情報伝達を担う神経伝達物質も変化します。

パーキンソン病⇨ドパミンの減少

アルツハイマー型認知症⇨アセチルコリンの減少

レビー小体型認知症⇨ドパミン、アセチルコリン両方の減少

※レビー小体は自律神経の1つである交感神経幹にも出現する。そのため、便秘、排尿障害などの自律神経症状が頻繁に出現します。

  • αシヌクレインという物質が出現

レビー小体の主成分はαシヌクレインというタンパク質でこのタンパク質が付着する部位によって病名が変わります。

例えば、脳幹に付着すればパーキンソン病。大脳皮質に付着すればレビー小体型認知症という風に変わります。パーキンソン病とレビー小体型認知症は連続した疾患群です。

男性がなりやすい

70代と高齢で発症することが多く、男女比は2:1くらい。男性の方が多く、生真面目で勤勉家に多いみたいです。これはうつ病は患っている人にも共通していることで、無気力でうつ傾向が強くなります。

レビー小体型を理解するポイント

まとめると、

パーキンソン病と大別出来ない

記憶力低下よりも視覚認知低下が主

幻視や幻覚が見える

自立神経系の症状である起立性低血圧や便秘になる

これらの症状がありました、

またレム睡眠行動障害など夢に反応して暴れたりすることもあるために家族や周囲の理解はしっかりしておく必要がありますね。知識で障害をカバー出来ることは多いと思うので、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
カキログの運営者の柿沼です。web関連、倫理、哲学、健康が好きな理学療法士です。工場での労働者⇨震災⇨NPO立ち上げ⇨理学療法士⇨セミナー事業⇨体操教室を運営。⇨学び続けることが好きでブログを2019/4/〜始めました。継続発信出来るように邁進中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カキログ , 2019 All Rights Reserved.