妄想とデザインが好きな理学療法士の個人ブログメディア

痩せるのは理論とか理屈じゃないって話

2019/05/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
カキログの運営者の柿沼です。web関連、倫理、哲学、健康が好きな理学療法士です。工場での労働者⇨震災⇨NPO立ち上げ⇨理学療法士⇨セミナー事業⇨体操教室を運営。⇨学び続けることが好きでブログを2019/4/〜始めました。継続発信出来るように邁進中。

こんにちは!

夏に向けてダイエットを始める人も多いんじゃないでしょうか?

本屋に行くと様々なダイエット本があり、もうどれをやったら成功するのか分からなくなってきますよね?

流行にのってスーパーフードとか、夕飯抜きとか、炭水化物抜きとか。。。

今回は僕が1ヶ月で3kg確実に痩せた無理のない方法を書いていきます。完全主観の実体験です。

実際に痩せた方法

実際に実行した方法を書いていきます。

食事は3食しっかり食べる

週3回ジムで運動する

3食以外の間食をしない

目標を確実に決めて貫く

これだけです。

いたってシンプルですよね、『しっかり食べて運動をする。』これがベストです。

一回の食事量とか、運動量とかは一応記事の後半に少しだけ載せますが、一番大切なのは最後に書いた

目標を確実に決めて貫く!!

ここが一番大切になります。っと言うかこれが全てです。

目標を決めて貫く3つのポイント

ダイエットに限らず目標設定は超重要です。

痩せる期間を決めたり、痩せる体重を決めたり、より具体的な目標設定をしてそれに向かって突き進むのが『痩せる』を達成するのには絶対的に必要です。でも、ダイエットの集中力は持って2週間くらいでやめてしまう人がほとんど。。

ではどうしたら目標をブレずに達成させることができるのでしょうか?ポイントは3つ

簡単な目標を立てる

人に見られる

失敗した時を想像する

1つずつ説明していきます。

簡単な目標を立てる

いきなり10キロ痩せてやる!っとかは意気込みありすぎて衰退するパターンがほとんどです。

痩せるのは数グラム単位からなんで、まずは1キロとか2週間で2キロとか細かく刻んで実行していきましょう!

ちなみに最初の2キロとかは脱水とかですぐ痩せちゃうんで、2キロで満足した人はすぐリバウンドしてしまいます。

体の水が減ったと思って気を抜かずにまずは3キロ目指しましょう。

人に見られる

SNSとか、ダイエット仲間とのラインとかでもいいですが、思い切って写真を送り合いましょう。

文字の報告ではなく、実際に写真で保存できるものがいいですね、なぜかと言うと痩せたい人は『見た目』を改善したい人がほとんどなので、見た目を公表して身に染みさせることでよりやる気が出ます。

写真はちょっと。。と言う人は全身像じゃなく、足首とか、首周りとか部分的なとこでも撮って記録して見ましょう。部分的だったらダメージも少なくていいですよね。

ダイエットで有名なライザップなんかは1対1のタイマンダイエットです。

タイマンなら逃げも隠れもできないので、トレーニングに真っ向勝負するしかない環境なので結果が出ます。

環境を作れない人はライザップでいいと思います。

もし、そんなお金ないわって人は自分で逃げも隠れもできない環境を作るのが先決です。

失敗した時を想像する

いい事と悪いことを天秤にかけます。

もし、ダイエットに成功したら。。

モテる、かわいいい服が着れる、入らなかったパンツが履ける、水着が嬉しい、自慢できる、健康維持出来る、可愛いねと彼氏に言われる。。

などなど、良いことは沢山です。むしろ良いことしかないと思います。

だからダイエットをみんな目指すのだと思いますが、いざ目の前に美味しいお菓子があると食べたくなるのは仕方ない。。

ですが、

そんな時にふと、ダイエットに失敗した時を想像してみて下さい。

もし、ダイエットに失敗したら。。

デブと罵られる、人の目が気になる、着たい服がきれない、こんな自分なんか。。とテンションが落ちる、一生ダイエットできない人間だと感じる、またポテチを片手にバラエティを見ている自分がいる。。。

などなど、ダイエットに失敗した時の最悪の想像をしてみます。

そうすることでそんな自分は嫌だという反骨心が芽生えます。

自分ならきっと出来る!絶対やりきる!っという強い決意が必要です。自分を徹底的に信じましょう!

ダイエットの根拠

メンタル的なことを重視して書いていきましたが、少し根拠を。

なぜに色んなダイエット方法がある中、メンタル重視なのかと言うと、人には個体差があるからです。

ダイエット方法はどの方法も悪いわけではないです。ただ、これだけ情報がある中で確定した答えがないのは、人により年齢、体格、体質、食生活、生活習慣が違ってくるからです。

なので、自分にあった方法を見つけることが大切です。

これをやったら必ず痩せます!!っとかはその提示された方法が自分にぴったり合ってないと短期間で結果が出たとしても、リバウンドの結果に結びついてしまうのかなと思います。

具体的な方法のポイント

最初に提示した方法プラスで以下のポイントも抑えておくと効果ありです。

カロリー計算する

良質な睡眠

朝食を抜かない

運動を習慣化させる

1つずつ説明していきます。

カロリー計算する

1gのカロリーは7キロカロリーになります。30日で1キロ分の7000カロリー消費しようと思ったら1日233キロカロリー減らす必要があります。

100キロカロリーは・・・ビールジョッキ半分、15分のジョギング、ご飯茶碗半分くらいです。少しずつ意識して減らせば1キロ痩せれます。

良質な睡眠

夜型の生活の人はそれだけで太りやすくなります。『早起き早寝』を習慣つけましょう!難しい人は寝る前になるべく光を浴びない(スマホやテレビ)で脳を休めましょう。

朝食を抜かない

朝食は良質なタンパク質(納豆、ツナ、ゆでタマゴなど)をしっかり摂りましょう!一日の始めの体温をあげて代謝を増やします。あと朝食を抜くと脳は飢えを感じて昼食を食べた時に多く食べてしまったり、食べた物が脂肪に変わりやすくなります。

運動を習慣化させる

僕は週3回の運動を心がけて実行しましたが、

例えばウォーキングを毎日する!と決意しても3日くらいは続けれたけど雨が降ったりして連続して続けられなかったりする経験ありませんか?脳は辛いと感じた時にそれを避ける習性があります。なので雨が降ったらそのまま休む。晴れたら休んだ分だけ長く走るのではなく。いつもと変わらないペースで走り続けるのが大切です。

なので1日おきに何か環境に左右されない方法(室内でやることなど)を1つからやりましょう!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
カキログの運営者の柿沼です。web関連、倫理、哲学、健康が好きな理学療法士です。工場での労働者⇨震災⇨NPO立ち上げ⇨理学療法士⇨セミナー事業⇨体操教室を運営。⇨学び続けることが好きでブログを2019/4/〜始めました。継続発信出来るように邁進中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カキログ , 2019 All Rights Reserved.